2010年04月30日

The Outer Void Intrepid Sailor

sw118_400.jpg
[アーティスト名] The Universe
[タイトル] The Outer Void Intrepid Sailor
[CD番号] The Outer Void Intrepid Sailor
[発売日] 2006-01-23
1 the bigness of small things
2 the announcement
3 grand central
4 goodbye
5 a.o.k. up here
6 spacelullabye
7 the radio is dead
8 you need love
9 from here to here
10 no pianos
11 agent 54
12 there is nothing out there...
http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110100000110011011
posted by mediajp at 18:36| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

"ONE OF PILLARS" 〜BEST OF CHIHIRO ONITSUKA 2000-2010〜

20100308-00000050-bark-musi-thum-000.jpg
鬼束ちひろ(おにつか ちひろ、1980年10月30日 - )は、日本の女性シンガーソングライター。本名同じ。宮崎県日南市(旧南那珂郡南郷町)出身[1][2]。宮崎県立日南高等学校卒。身長152cm[3]。所属事務所はNAPOLEON RECORDS、所属レーベルはUNIVERSAL SIGMA。

概要
人物
家族構成は、父・母・弟・妹の5人家族であり、自身は長女である[4]。小学生の頃より部活で陸上を始める。中学時代は陸上部のキャプテンを務め、短距離400mリレー走選手として九州大会にも出場歴がある[1]。

プライベートでは、お笑いコンビのシャカを誕生日パーティーに招待するなど社交的な面がある[5]。休日の過ごし方は「家でゴロゴロしたり一人で買い物したりする」という[6]。生活パターンは、昼夜逆転の生活を送っており[7][8]、楽曲制作は専ら夜中(2〜3時頃)に行っているという。

自身の性格に関しては「人見知りしない性格」と分析している[9]。また、所謂「熱しやすく冷めやすいタイプ」であり、例えば茶そばを3日間連続で食べ続けて飽きるなどのエピソードを公言している[8]。

サインは、以前はドクロのイラストマークの下に「CHIHIRO」という文字をもってサインとしていた[10]。現在は筆記体で「Chihiro」(Cの部分が鬼をイメージしたイラストマークとなっている)と書かれたものをサインとしている[11]。

[アーティスト名] 鬼束ちひろ
[タイトル] "ONE OF PILLARS" 〜BEST OF CHIHIRO ONITSUKA 2000-2010〜
[CD番号] UMCK-1353
[発売日] 2010-04-28

1 月光
2 眩暈
3 流星群
4 infection
5 King of Solitude
6 Sign
7 私とワルツを
8 Rainman (LAS VEGAS version)
9 everyhome
10 蛍
11 X
12 惑星の森(新曲)
13 帰り路をなくして
14 陽炎
http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110111001100010111
posted by mediajp at 12:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

SECRET ADVENTURE

MEG.jpg
MEG(メグ、1980年10月3日 - )は日本のミュージシャン・ファッションモデル・デザイナーである。広島県出身[1]。広島県立広島皆実高等学校卒業。血液型B型、身長162cm。2006年1月よりmegからMEGに改名。ユニバーサルミュージック所属。

来歴
19歳の時、レコード会社のオーディションを受け、インディーズからシングル『傘としずく』でデビュー。同時期にモデル業も開始。2002年7月に岡村靖幸との共作により『スキャンティブルース』でメジャーデビュー。続く2ndシングルで『イケナイコトカイ』をカバー。この頃から少しずつメディアに露出し始め、2003年6月にフリッパーズ・ギターのカバー曲『GROOVE TUBE』を、7月にアルバム『room girl』をリリース。

2004年7月には自らがプロデュースする古着屋「klein-mart TOKYO」を原宿にオープン。同時にデザインしたブランド「cheryl」などで商品展開する。2006年2月には新たに、アパレルブランド「Carolina Glaser by cheryl」を立ち上げ、現在は新たに路面店2店舗をオープン、メンズライン、コスメラインも立ち上げ、伊勢丹などでも展開している。

自主レーベルよりリリースしたアルバム『Dithyrambos』(2006年)はiTunes Music Storeエレクトロニックアルバムチャート1位、i-depのナカムラヒロシプロデュースによるアルバム『aquaberry』(2007年)はポップアルバムチャートで1位を記録し、2007年秋、ユニバーサルミュージックに移籍。

シングル『OK』発売時に原宿に貼り出したポスターを大量に盗まれスポーツ誌やワイドショーが話題になった。中田ヤスタカがプロデューサーを迎えたアルバム『BEAM』(2007年)は外資系レコードショップで1位を獲得。最近では自宅で黒猫(リウさん)とリスザル(エムさん)が飼育されている。

サマーソニック08に出演。初のワンマンツアーはドレスコードに黒を指定し、ステージの舞台装置の派手さ、ライブショーの豪華さはWEBニュース等でも報じられ、エンターテイメントとして評価されている。

ブログにて、2009年は、沢山のアルバムを制作したいと宣言している。[1]

その一環として、中田ヤスタカとのアルバム「BEAUTIFUL」との制作に並行し、イギリスのバンド、ハドーケン!とのコラボレーション作品、「FREAK」を2月に発表。アルバムコンセプトとの差別化を図るためか、この作品の収録曲については「BEAUTIFUL」への収録が一切なされない。(但し初回版付属のDVDには、FREAK ‐yasutaka nakata remix-(映像を宇川直宏が担当)が収録される予定。) 更に、NY在住のアーティストをプロデューサーに迎えた夏期リリースのアルバムをすでに制作済み。[2]

[アーティスト名] meg
[タイトル] SECRET ADVENTURE
[CD番号] UPCH-5649
[発売日] 2010-04-28

1 SECRET ADVENTURE
2 GRAY
3 SECRET ADVENTURE(SL REMIX)
http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110111001011110110
posted by mediajp at 18:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Dear Friends -友へ-

24.jpg
[アーティスト名] フレンズ/ヘキサゴン新ユニット
[タイトル] Dear Friends -友へ-
[CD番号] PCCA-03152
[発売日] 2010-04-21
1 Dear Friends-友へ-/フレンズ
2 学校へ行こう/まいける&はなか
3 Dear Friends-友へ-/フレンズ(カラオケ)
4 学校へ行こう/まいける&はなか(カラオケ)
http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110111001011110001
posted by mediajp at 11:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

GuitarFreaksXG & DrumManiaXG Original Soundtrack beginning edition

4976219029391.jpg
ゲームミュージックは、コンピュータゲームに付随する音楽のことである。ゲーム音楽、ビデオゲームミュージックとも呼ばれている。

概要
「ゲームミュージック」という言葉には、単にゲームに付随する音楽という意味合いしかなく、その内容自体は非常に多岐にわたる。品質や規模の面では、単声のビープ音で作られた短いメロディからCDとして売られている観賞用の音楽と変わらない高音質で完成度の高い音楽まで含まれ、音楽ジャンルの面ではロック・ジャズ・クラシックから実験的な音楽まで、すべてのものが含まれる。その多くはインストゥルメンタル楽曲だが、中にはボーカルを伴う楽曲もある。後者は近年「ゲーソン」と呼ばれるようになった[要出典]。

一般にゲームミュージックという言葉から多くの人が連想するイメージはピコピコという擬音で形容されるような電子音、すなわち1980年代の8bitゲーム機に多く搭載されたPSGやFM音源およびそれらに類似した音声処理系による音色であることが多い。その理由としては、

家庭用ゲーム機が初めて一般家庭に広く浸透したのが8bit機全盛の時代であったこと
PSGやFM音源といった音声処理系の音色が、他の観賞用の音楽と明確に分離した印象を与える特徴的なものだったこと
などが挙げられる。

21世紀初頭現在では、ゲーム機の音声処理系はPCM方式が主流であり、任意の録音済み波形を再生できる場合がほとんどである。また録音済みの音楽をストリーミング方式で流すことも増えてきている。そのため、一聴してはっきりとゲームミュージックと分かる1980年代のようなゲームミュージックは少なくなってきている。その反動として、レトロゲーム音楽のCDによる再発や、PSGやFM音源などの8bit機特有の音色を敢えて使用して音楽を製作するチップチューン音楽というムーブメントが現れてきている。

[アーティスト名] ゲーム.ミュージック
[タイトル] GuitarFreaksXG & DrumManiaXG Original Soundtrack beginning edition
[CD番号] GFCA-224
[発売日] 2010-04-21

1 IMI
2 Piranha
3 DeepForest
4 You'veGot2GetMe
5 Confession
6 太陽の花
7 Believing
8 IWantItAll
9 HYPERJETLAND
10 Love☆Carnival
11 Egocentricity
12 IMITATIONTOUCH
13 EauRougeYosukeOnishi
14 BlueplanetTrickTrap
15 Hunter〜どうしても欲しいもの〜
16 紅蓮の焔
17 三毛猫JIVE&ジャイブ
18 KAISERPHOENIX
19 Confession(LongVersion)
20 Waterframe(LongVersion)
21 IMI(LongVersion)
22 OVERTHELIMIT!(LongVersion)
http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110111001100001011
posted by mediajp at 18:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コントラスト


4526180022626.jpg
[アーティスト名] Arc
[タイトル] コントラスト
[CD番号] UCCD-262B
[発売日] 2010-04-14

1 SE
2 コントラスト
3 未完成
4 Joke
http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110111001011100111
posted by mediajp at 11:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

Prism.

dc111da7.jpg
平成維新の会(へいせいいしんのかい)は、かつて存在した日本の政策提言型市民集団。

概要
1992年(平成4年)11月25日発足。代表にはマッキンゼー・アンド・カンパニー・ジャパン会長を務める経営コンサルタントの大前研一が就任し、いわゆる無党派と呼ばれる大都市圏サラリーマン層を中心とする会員が「生活者主権の国」を掲げ、道州制・規制緩和などの新自由主義的政策に賛同する国会議員を党派を超えて推薦・支持をした。議員格付け効果を導入し、議員立法を強制させることによる“平成維新”実現を目指した。

そのほか、同会事務総長に茂木敏充(現自由民主党衆議院議員)、事務局長に長島昭久(現民主党衆議院議員)、事務局長代理に長妻昭(現民主党衆議院議員)、事務局次長に風間直樹(現民主党参議院議員)、事務局長補佐として花咲宏基、顧問として京セラ会長の稲盛和夫、日本労働組合総連合会会長の山岸章、出雲市長の岩國哲人、富士ゼロックス会長の小林陽太郎、朝日新聞編集委員の船橋洋一、北海道知事の横路孝弘らが就任した(肩書きはいずれも当時)。

1993年の衆議院議員選挙では108人を推薦し82人を当選させ、当選議員で「平成クラブ」を結成。教育改革法・選挙権法、行政窓口一元化法、大都市近郊飛行場の国際空港転化法、渋滞解決法−など、1人1法案の議員立法を試みた。また、当初から“電子の根”構想を掲げ、パソコン通信(ニフティサーブ内の「平成維新フォーラム」)や電話会議システムによる政策議論・交流を行うなど、先進的な試みが多く見られた。しかし、同時期の政党の離合集散や、政治資金規正法改正で日本新党などミニ政党が存続できなくなり、党議拘束を重視する議員が続出。平成クラブが事実上機能しなくなった。また、100万人を目指した会員も6万人しか集まらず組織の影響力が低下した。

1995年には代表の大前研一が、同会と志を同じくする「平成都民リーグ」を母体に東京都知事選挙に立候補した。都に限定して“維新”実現を目指したが、“身内”である岩國哲人が“後出しじゃんけん”で立候補し、無党派層票を二分し落選した。同年夏にも参議院議員選挙・比例区から「政党」平成維新の会として大前研一や三浦雄一郎ら10人を立候補させるも惨敗。同年末で政治団体解散届を提出した。

その後、同会組織と会員はビジネス・ブレークスルーが発行する月刊誌「大前研一通信」や維新の会出身の地方議員による政治団体「NEXT」、政策学校一新塾などに引き継がれている。

[アーティスト名] 平成維新
[タイトル] Prism.
[CD番号] UCCD-265B
[発売日] 2010-04-21
1 Prism.
2 Psycho dripper
http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110111001011110100
posted by mediajp at 18:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戦国無双3 閃・烈歌奥義

sweet.jpg
ゲームミュージックは、コンピュータゲームに付随する音楽のことである。ゲーム音楽、ビデオゲームミュージックとも呼ばれている。

概要
「ゲームミュージック」という言葉には、単にゲームに付随する音楽という意味合いしかなく、その内容自体は非常に多岐にわたる。品質や規模の面では、単声のビープ音で作られた短いメロディからCDとして売られている観賞用の音楽と変わらない高音質で完成度の高い音楽まで含まれ、音楽ジャンルの面ではロック・ジャズ・クラシックから実験的な音楽まで、すべてのものが含まれる。その多くはインストゥルメンタル楽曲だが、中にはボーカルを伴う楽曲もある。後者は近年「ゲーソン」と呼ばれるようになった[要出典]。

一般にゲームミュージックという言葉から多くの人が連想するイメージはピコピコという擬音で形容されるような電子音、すなわち1980年代の8bitゲーム機に多く搭載されたPSGやFM音源およびそれらに類似した音声処理系による音色であることが多い。その理由としては、

家庭用ゲーム機が初めて一般家庭に広く浸透したのが8bit機全盛の時代であったこと
PSGやFM音源といった音声処理系の音色が、他の観賞用の音楽と明確に分離した印象を与える特徴的なものだったこと
などが挙げられる。

21世紀初頭現在では、ゲーム機の音声処理系はPCM方式が主流であり、任意の録音済み波形を再生できる場合がほとんどである。また録音済みの音楽をストリーミング方式で流すことも増えてきている。そのため、一聴してはっきりとゲームミュージックと分かる1980年代のようなゲームミュージックは少なくなってきている。その反動として、レトロゲーム音楽のCDによる再発や、PSGやFM音源などの8bit機特有の音色を敢えて使用して音楽を製作するチップチューン音楽というムーブメントが現れてきている。

[アーティスト名] ゲーム.ミュージック
[タイトル] 戦国無双3 閃・烈歌奥義
[CD番号] KECH-1546
[発売日] 2010-03-24
1 明鏡止水 〜もののふが道〜
2 道、分かつとも
3 とこしえに咲く花
4 天翔ける竜の如く
5 風と雲の掟
6 一望千里の風
7 奏 〜抗い候〜
8 大河滔々
9 仰ぎて天に愧じず
10 極 〜苛烈五十年〜
http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110111001100000110
posted by mediajp at 11:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

TVアニメ『聖痕のクェイサー』新OP主題歌: Baptize

080524_yosei.jpg
妖精帝國(ようせいていこく)は、日本の音楽ユニットである。

「人間がいつしか忘れてしまった、妖精を信じる純粋な心を思い出してもらう」という概念の元に活動する。人間界で言うところのファンを臣民(しんみん)として、ライブを式典と呼称する。

概要
ゆい
誕生日:10月25日
担当:ボーカル・コーラス
橘 尭葉(たちばな たかは)
誕生日:3月25日
担当:キーボード・ギター
2009年にはAnimelo Summer Live、ランティス祭、MUSIC JAPAN新世紀アニソンSP2などに出演し知名度を上げた。

[アーティスト名] 妖精帝國
[タイトル] TVアニメ『聖痕のクェイサー』新OP主題歌: Baptize
[CD番号] LACM-4704
[発売日] 2010-04-21
1 Baptize
2 call my name
3 Baptize (instrumental)
4 call my name (instrumental)
http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110111001011111111
posted by mediajp at 18:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VOCALIST 4

M55A8CAI2HE3TCAG39GO4CAJQ4LF1CAJGLZB3CAUCA5WDCAO6SQXVCAJMUZ4TCANWQCFOCA1HG4OBCA4DS6RTCAEWC797CAW96IKRCAW3I52DCAB4P9SGCA8451H1CAFTNI1MCAA7X3URCAE4IQVUCAVTWA4X.jpg
コ永 英明(とくなが ひであき、本名同じ、1961年2月27日 - )は、日本のシンガーソングライター、作曲家、俳優。福岡県柳川市生まれ、兵庫県伊丹市育ち。血液型A型。現在の所属レコード会社はユニバーサルミュージック。公式ファンクラブは「TONY'S CLUB」である。

人物
音楽活動以外にも、映画『シンガポール・スリング』(1993年公開)の企画・原案、TBS系ドラマ『都会の森』(1990年)出演、ラジオ番組『フロム・シーサイド』の司会、TBS系『スーパーサッカー』の司会(病気のため2001年7月に降板)を行っている。
あだ名は「徳ちゃん」、「徳さん」、「にいやん」など。なお、最近はメディアで「カヴァー王子」と称されることがある。また街頭で「あっ、壊れかけだ」と呼ばれたことがあると徳永自身が発言している。
テレビ番組などにおいて、「声はマイクが拾ってくれるから力を入れてはり上げる必要はない」「マイクに声を充てるような感覚で歌えばいい」「以前は僕も力を入れて歌っていたが今はそうではない」などと発言しており、歌唱スタイルを見ても力んでいる様子はなく、独特の歌唱スタイルを取り入れているといえる。
日常会話では関西弁を話す。しかしながら、テレビ番組のインタビューでは九州なまりがときどき出ている。関西弁と九州なまりで本人もイントネーションがぐちゃぐちゃなのを自覚していて、初出演した映画では標準語を話す役だったため、発音に苦労した事を明かした。

[アーティスト名] 徳永英明
[タイトル] VOCALIST 4
[CD番号] UMCK-9330
[発売日] 2010-04-20
1 時の流れに身をまかせ
2 赤いスイートピー
3 First Love
4 翳りゆく部屋
5 セーラー服と機関銃
6 誰より好きなのに
7 あばよ
8 月光
9 やさしさで溢れるように
10 未来へ
11 待つわ
12 あの鐘を鳴らすのはあなた
13 未来予想図
http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110111001011100010
posted by mediajp at 13:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

アイドルみたいに歌わせて

4988009044637.jpg
[アーティスト名] 矢島美容室feat.プリンセス・セイコ
[タイトル] アイドルみたいに歌わせて
[CD番号] AVCD-31864
[発売日] 2010-04-21
1 アイドルみたいに歌わせて
2 アイドルみたいに歌わせて (KARAOKE)
3 アイドルみたいに歌わせて (プリンセス・セイコで歌おう! ver.)
4 アイドルみたいに歌わせて (マーガレットで歌おう! ver.)
5 アイドルみたいに歌わせて (ストロベリーで歌おう! ver.)
6 アイドルみたいに歌わせて (ナオミで歌おう! ver.)
7 アイドルみたいに歌わせて (矢島美容室で歌おう! ver.)
http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110111001011001110
posted by mediajp at 11:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

THERE'S NO TURNING BACK

img_40117_40369952_0.jpg
THE BAWDIES (ザ・ボゥディーズ) は、日本のロックバンド。

メンバー
ROY(ロイ=渡辺亮、1983年7月16日 - ) ボーカル、ベース。
TAXMAN(タックスマン=舟山卓、1983年11月21日 - ) ギター、ボーカル。
JIM(ジム=木村順彦、1983年5月26日 - ) ギター、コーラス。
MARCY(マーシー=山口雅彦、1983年11月8日 - ) ドラムス、コーラス。
来歴
2004年に小学校からの同級生であったROY、JIM、MARCYの3人と、高等学校からの同級生であるTAXMANで結成。

2009年4月22日、LOVE PSYCHEDELICOのNAOKIプロデュース曲(4曲)を含む、メジャー1stアルバム『THIS IS MY STORY』をGetting Betterからリリース。

2010年1月21日、アルバム『THIS IS MY STORY』が第二回CDショップ大賞を受賞。

[アーティスト名] THE BAWDIES
[タイトル] THERE'S NO TURNING BACK
[CD番号] VICL-63558
[発売日] 2010-04-21
1 I'M A LOVE MAN
2 HOT DOG
3 IT'S TOO LATE
4 KEEP YOU HAPPY
5 SAD SONG
6 SOMEBODY HELP ME
7 B.P.B
8 TRY IT AGAIN
9 GOOD MORNING
10 I WANT TO THANK YOU
11 MOVIN' AND GROOVIN'
http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110111001011011100


posted by mediajp at 18:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元カノからの逃れ方。

2823756966362767262.jpg
[アーティスト名] 0801弐209336
[タイトル] 元カノからの逃れ方。
[CD番号] TPCD-0026
[発売日] 2010-03-17
1 キミと過ごした三日間をダウンロード。
2 kanojyoboshuchu@codomo.ne.jp
3 渋谷が大嫌いです。-2 season-
4 X'masケーキシンドローム
http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110111001010100001
posted by mediajp at 11:47| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

COLORS -single collection Vol.1

415E7GT2KSL.jpg
shela(シェラ、本名大泉 めぐみ(おおいずみ めぐみ)、1980年3月4日 - )は、日本の歌手、女優で、元・音楽ユニット「FBI」のボーカル兼アルトサックス。北海道出身。

ディスコグラフィ
1999年のデビュー当時は色をテーマにした歌を歌っていたが、2002年4月の「Rose」を皮切りに花をテーマにして歌っていた。なお、「Rose」は当時発売されたエイベックスの新譜の大半がコピーコントロールCD仕様であった中で、CCCD発売リストには含まれておらず、「Garden」と「Dear my friends/Fly away」以降の作品に至ってはセル版・レンタル版ともにCD-DAでリリースされた。※はCCCDでのリリース。

[アーティスト名] shela
[タイトル] COLORS -single collection Vol.1
[CD番号] AVCD-17696
[発売日] 2005-07-06 1 〜an epilogue〜「White Destiny」
2 〜a prelude〜「Love Again」
3 〜an overtune〜「friends」
4 Happy Birthday
5 19RED
6 sepia
7 Dear my friends
8 feel
9 Fly away
10 flower fallin'...
11 eternity
12 Wish
http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110111001010101010
posted by mediajp at 18:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TBSアニメーション「おおかみかくし」オリジナルサウンドトラック

120x120_vtcl60195.jpg
[アーティスト名] アニメサントラ
[タイトル] TBSアニメーション「おおかみかくし」オリジナルサウンドトラック
[CD番号] VTCL-60195
[発売日] 2010-03-24
1 伝承の陰
2 大鎌
3 神人
4 殺戮の声
5 黄泉路
6 月扉〜壱
7 月雫
8 闇市街
9 潜在
10 記憶
11 隠行動
12 発揮
13 導
14 月扉〜弐
15 覚醒
16 背後
17 月波
18 復讐実行
19 月扉〜参
20 掟
21 想
22 弓織
23 迷宮
24 嫦娥の里
25 教室
26 赤の月、蒼の調べ
27 月昼音
28 九澄家
29 祭りの準備
30 街の風
31 嫦娥町高校
32 深呼吸
33 襲撃
34 眠
35 赤眼の運命
36 数え太鼓
37 予知の調べ
38 嫦娥の八朔
39 時の向こう 幻の空(TV-SIZE)
40 月導-Tsukishirube-(TV-SIZE)
http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110111001010110111


posted by mediajp at 11:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

向かいあわせ

aiko.jpg
aiko(あいこ、1975年11月22日 - )は日本の女性シンガー・ソングライター。ラジオ番組のDJ等の活動を経て、1998年『あした』でメジャーデビュー。「カブトムシ」「花火」「ボーイフレンド」「キラキラ」など多数のヒット曲を発表している。

来歴
メジャーデビュー前
1975年11月22日、大阪府吹田市で誕生。小学生高学年の頃から家庭の事情で親戚の家で暮らすようになるが、両親は離婚していない。この時から歌手を目指すようになる。中学生の頃、父の友人である円広志は、歌手になりたいaikoを「苦労するから辞めておけ」と反対していた。高校生の頃からはピアノを使用し、作曲を始める。また、高校卒業までは友人と共にバンド活動を行っていた。

1995年、19歳の時に出場したコンテストで、初めて自分で作詞・作曲した曲「アイツを振り向かせる方法」を披露し、グランプリを獲得した。その際のタイトルは「アイツをふりむかせる方法」であった。なお、この曲は2000年に発売された「桜の時」に収録されている。短期大学在学中には友人と共に『ドーテイオムニバスCD Vol.1』を共同自主制作し発売。

1996年、4月からfm osaka『COUNTDOWN KANSAI TOP40』のパーソナリティとなり、以降、3つ番組のパーソナリティを務める[1]。また、出場したコンテスト「The 5th MUSIC QUEST JAPAN FINAL」では椎名林檎らと共に優秀賞を受賞[2]。その為、椎名林檎とは現在も交友がある。

1997年、コンテストに出場していたaikoに目を付けたポニーキャニオンの音楽プロデューサーから連絡が入り、12月20日にインディーズ1stアルバム『astral box』発売。1998年にはインディーズ1stシングル「ハチミツ」、インディーズ2ndアルバム『GIRLIE』を発売。4月、aikoのもとに映画主題歌の話が入り、メジャーデビューの話が進む。

メジャーデビュー後
1998年、7月に1stシングル「あした」でデビュー。映画『新生 トイレの花子さん』の主題歌に起用されるなど、関西のFMラジオを中心に話題を集める。初となるワンマンライブ『LOVE LIKE POP!』を江坂ブーミンホールにて開催。

1999年、3rdシングル「花火」がヒットし、長期に渡り、オリコンチャートにランクイン。また、この曲でミュージックステーションの初出場も果たし、全国区の注目の存在となる。

2000年、2ndアルバム『桜の木の下』が週間オリコンチャートで1位を獲得。累計売上も150万枚を超える大ヒットとなり、日本ゴールドディスク大賞ロック・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞[3]。同年リリースの「ボーイフレンド」も約50万枚以上を売り上げ、『第51回NHK紅白歌合戦』に初出場を果たす。

2001年、『夏服』が2作連続となるミリオンヒットを記録するなどし、前作に続き日本ゴールドディスク大賞ロック・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞[4]。7月からはコンサートツアー『LOVE LIKE POP Vol.6』がスタート。しかし、福岡公演の際、喉を痛める。後に声帯結節急性咽頭気管炎と診断され、公演の一部は延期したが、完治後、追加公演を行い、無事ツアーを終了させる。

2003年、aiko本人初出演のCM、グリコ『カフェオーレ』が全国でオンエアされる。九州限定版(宮崎・鹿児島県)と全国版が制作され、CMソングは「蝶々結び」、「アンドロメダ」。10月には青山学院大学にて約4年ぶりとなる学園祭ライブを行った。

2005年、「キラキラ」がテレビドラマ『がんばっていきまっしょい』の主題歌となる。アーティストブック『aiko bon』がソニーマガジンズより発売。今まで語られることの少なかった、生い立ちやデビューまでの経緯が綴られている。また、1年に1度行われる、オリコンの「音楽ファン2万人が選ぶ好きなアーティストランキング」では1位を獲得(翌年2006年も1位)。

2007年、初となる両A面、22ndシングル「星のない世界/横顔」をリリース。「横顔」がテレビドラマ『ホタルノヒカリ』の主題歌になる。

2008年、メジャーデビュー10周年を迎える。記念とし、過去に発表された全てのアルバムの初回盤(復刻版)が発売された。『Love Like Pop Vol.11』が全国20箇所で行われる。

[アーティスト名] aiko
[タイトル] 向かいあわせ
[CD番号] PCCA-3181
[発売日] 2010-04-21
1 向かいあわせ
2 カケラを残す
3 甘い絨毯
4 向かいあわせ(instrumental)
http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110111001010111111
posted by mediajp at 18:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

to the next

00000702677.jpg
[アーティスト名] DAZZLE VISION
[タイトル] to the next
[CD番号] DVH-1002
[発売日] 2010-05-12
1 to the next
2 VISION
3 IN A MOMENT
4 僕が僕であるために
5 ワンダーランド
6 Miss Cinderella
7 cold
8 悲涙
http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110111001010100110
posted by mediajp at 12:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

いろは唄

2009110718590000_t.jpg
フェロ☆メンとは、謎の新ユニットSTA☆MENのユニット内ユニットである。メンバーは諏訪部順一、鳥海浩輔の2人。2009年3月25日にCDデビュー。

既要
以前月1回程度で行われていた謎の新ユニットSTA☆MENのイベント「ヘロー!スター☆メン。』で、2回ほど諏訪部と鳥海の2人をメインとした歌中心ステージがあり、その際、“フェロ☆メン”として活動したのが発端。

その後、謎の新ユニットSTA☆MENのCD・DVDの発売元となっているコロムビアより、「STA☆MENでCDを出さない?」と声をかけられる。しかし、音楽的な趣味、各メンバーのスケジュールなどが合わないとの理由で、「だったら俺らでやろう」という話になり、“フェロ☆メン”としてデビューするに至った。

ディスコグラフィ
シングル
『禁忌の薔薇〜Aphrodisiac〜』 COCA-16235 (2009年3月25日発売)
禁忌の薔薇〜Aphrodisiac〜
作詞:諏訪部順一 作曲:清岡千穂 編曲:山本健司
懺悔室
作詞:岩室先子 作曲:清岡千穂 編曲:山本健司
『いろは唄』 【初回限定盤】 COZA-433-4 【通常盤】 COCA-16353 (2010年3月24日発売)
いろは唄
作詞・作曲:銀サク 編曲:山本健司
失楽園 〜Lament for Eros〜
作詞:諏訪部順一 作曲:清岡千穂 編曲:山本健司

[アーティスト名] フェロ☆メン
[タイトル] いろは唄
[CD番号] COCA-16353
[発売日] 2010-03-24
1 いろは唄
2 失楽園 〜Lament for Eros〜[rouge]
3 いろは唄(instrumental)
4 失楽園 〜Lament for Eros〜(instrumental)
http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110111001010001110
posted by mediajp at 18:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CDTV NO.1HITS 〜トモウタ〜

avcd-23977.jpg
オムニバス(英: omnibus)は、映画、演劇、ドラマ、文学、DVD・レコードなどの分野において、短い数編の独立した作品(主に短編)または楽曲を集め、ひとつにまとめて一作品としたものである。

元々の意味はラテン語で、乗合馬車や乗合自動車のこと、また、そこに沢山の人々が乗るという意味があり、英語のバス(bus)の語源にもなった(オムニバス (曖昧さ回避)を参照)。

そこから発展し、種々の芸術分野で「独立したいくつかのものを一つにまとめた」作品形態を指すようになった。「オムニバス映画」、「オムニバスドラマ」、「オムニバスCD」、のように呼ばれる。

オムニバスに含まれる各作品は、それぞれ独立してはいるが、まとめられる際にはある種のテーマやコンセプトに沿って集められる。あるいは、映画・ドラマなどの場合は、それぞれ最初からオムニバス作品のひとつとして制作されることがほとんどである。

オムニバスCDの場合、アーティスト名はV.A. (Various Artist(-s)) などと表記される。

[アーティスト名] オムニバス
[タイトル] CDTV NO.1HITS 〜トモウタ〜
[CD番号] AVCD-23977
[発売日] 2009-12-23

1 evolution
2 WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント〜
3 YOU ARE THE ONE
4 Face the change
5 SHINE
6 There will be love there 〜愛のある場所〜
7 wanna Be A Dreammaker
8 すべてへ
9 be alive
10 I WISH
11 明日があるさ
12 ミニモニ。テレフォン!リンリンリン
13 全てが僕の力になる!
14 Purple Line
http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110110111010011110
posted by mediajp at 12:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

春の夢

kawashima.jpg
川嶋 あい(かわしま あい、本名: 川島 愛、1986年(昭和61年)2月21日 - )は、日本の女性シンガーソングライター。つばさエンタテインメントグループのダブルウィング[1]所属。福岡県福岡市早良区出身。血液型はA型。

人物
前述の通り、I WiSHのボーカルaiと同一人物である。自身にとって、I WiSHは最大のライバルであり目標である[3]という。
実父は出生前に行方不明、実母は3歳の時に亡くした。児童養護施設和白青松園後、建設会社を経営していた川島家に養女として引き取られた。その後10歳で養父を、16歳で養母を亡くしている。養母の命日である8月20日には毎年メモリアルコンサートを実施している。
本人によれば、高校は皆勤賞だった(フジテレビの音楽番組『HEY!HEY!HEY!』より)が、それはあまり仕事がないことも意味しており、コンプレックスでもあったという。堀越時代は山下智久、上戸彩、酒井彩名、小池徹平、城田優、同県出身の蒼井優などと同級生だった。
彼女の歌声は、デビュー時期の近い元ちとせの「100年に一人の歌声」に対して「天使の歌声」と称されているが、元祖「天使の歌声」本田美奈子.が急逝した為か、最近この呼称はあまり使われていない。
「ワンピース」の大ファンであり、2007年公開された「劇場版ワンピース エピソードオブアラバスタ 砂漠の王女と海賊たち」の主題歌を担当、更にキャラクターの一人として声優にも初挑戦した。また、「クッキングパパ」、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」にもはまっており、両津勘吉宛てに手紙を書いたこともある[4]。

[アーティスト名] 川嶋あい
[タイトル] 春の夢
[CD番号] TRAK-104
[発売日] 2010-04-07
1 春の夢
2 空とつぼみ
3 てんとう虫
http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110111001010010101
posted by mediajp at 18:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。